レミゼラブル

【2021】『レ・ミゼラブル』キャスト一覧と全国ツアー発表!逃れたい早くコロナの世界

2020年8月25日

 

2021年レミゼ始動!

 

ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の2021年公演のキャストと全国ツアーが本日発表されました。

コロナの影響で演劇界は厳しい現状にありますが、やはりキャスト発表のような明るいニュースが飛び交うのは嬉しいものです。

 

本記事では2021年キャストへの筆者の期待と発表への第一印象をまとめています。

 

キャスト発表への第一印象

まずザッとキャスト一覧を見た感想ですが、前回の2019年公演からそこまで大きな変更やスター大抜擢もない、落ち着いたキャスト陣という印象を抱きました。

2019年公演のときは、舞台未経験であるトレンディエンジェルの斎藤さんの抜擢が良い意味でも悪い意味でも騒がせていました。

あえて「突拍子もない枠」を挙げるとするならば新キャストの六角精児さんになりますが、完全に初舞台というわけでもなくキャリアも長いので、そこまでへんぴな起用でもないかなと思います。

 

ただ、個人的には「え~!?あの人がレミゼ出るの!?」と期待で胸が膨れ上がるような新キャストがいてほしかったな…という少し残念な気持ちも正直あります。

2019年の佐藤隆起さんや濱田めぐみさんなどレミゼ色の付いていない実力派役者がレミゼに出演することって、すごくワクワクするんですよね。

 

一方で、マリウス役の海宝直人さんやエポニーヌ役の昆夏美さんのように、バッチリと役にハマっているキャスト陣が抜けてしまいました。

もちろんレミゼラブルが始動したこと自体は嬉しい限りですが、ものすごく心が躍るようなキャスト発表であったか、と言われると正直ちょっと微妙です。

 

キャスト一覧

ジャン・バルジャン

2021年キャスト

・福井晶一(2013~)
・吉原光夫(2011~)
・佐藤隆紀(2019~)

 

前回2019年公演から変更なく、福井晶一・吉原光夫・佐藤隆紀のトリプルキャストです。

 

福井さんと吉原さんは既に何回もレミゼラブルに出演しているので、安定感のあるお馴染みのキャストですよね。

加えて、前回から参加の佐藤さんは他のお二人とは少しベクトルの違うバルジャン像ではありますが、伸び伸びとした美声と包容力を感じさせるお芝居がとても好きでした。

 

2021年公演の次は順当にいけば2023年公演となりますが、その時にはおそらく福井さんと吉原さんは(少なくともどちらかは)そろそろ世代交代のタイミングになるのではないかなぁ…と予測しています。

2021年公演では福井さん・吉原さんは必ず1回は観ておきたい!

 

一方、佐藤さんは今後しばらくはバルジャン役として続投すると思います。それにしても佐藤さん、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍してますよね。

 

ジャベール

2021年キャスト

・川口竜也(2013~)
・上原理生(2019~)
・伊礼彼方(2019~)

 

ジャベール役もジャン・バルジャンを同じく前回2019年公演から変更なし。川口竜也・上原理生・伊礼彼方のトリプルキャストです。

 

2013年から続投中の川口さんは2019年公演にて52歳になられました。これはジャベールが入水自殺した年齢と同じです。

年老いていきながら苦悩が募っていくジャベールの魅力をリアリティ抜群に演じてくれます。

 

一方、上原さんと伊礼さんは30代キャストならではの勢いと力強さを感じさせるジャベールです。

ジャベールの御三方は他のキャスト陣と比較すると、それぞれの個性と方向性がかなり多様です。キャストによってわりと好みがハッキリ分かれるキャスティングですよね。

 

ファンテーヌ

2021年キャスト

・知念里奈(2011~)
・濱田めぐみ(2019~)
・二宮 愛(2017~)
・和音美桜(2011~)

 

なんといっても嬉しいのはやはり、濱田めぐみさんの続投と和音美桜さんの復活!

 

濱田さんはミュージカル界の重鎮級にも関わらず、レミゼラブルにはノータッチでした。濱田さんがレミゼ出てくれたらなぁ…と願っているミュージカルファンも多数いたはずです。

その中での大抜擢であったため、「ついに、あのハマメグが…!」と。

とはいえ、年齢的にも2019年公演がラストチャンスかも、とご本人もおっしゃっていたこともあり、筆者としても2019年公演が最初で最後の濱田レミゼになるんだろうなぁと予測していました。

しかし2021年公演も無事続投!とても良い意味で期待を裏切られました。

 

和音さんは2011年から2017年までファンテーヌとして走り抜けましたが、2019年公演は産休ということでいったん離脱。そして今回復帰です。

凛とした中にもしっとりとした憂いのある美声は、”和音美桜”という芸名を体現したかのような歌声です。本当に素敵な女優さん。

 

知念里奈さんと二宮愛さんも続投メンバーです。

筆者は2021年公演はもっぱら濱田&和音の回を狙うつもりですが、もちろんこのお二人も安定感があります。

 

知念さんはなんといってもやはり美しい。透明感と儚さが段違いだと思います。

もしレミゼ初観劇予定で、映画版のアン・ハサウェイのイメージをそのまま崩したくないという人には知念さんが一番オススメかなと思います。良くも悪くも「映画版とイメージが全然違った」って言う人結構多いんですよね。

 

 

エポニーヌ

2021年キャスト

・唯月ふうか(2017~)
・屋比久知奈(2019~)
・生田絵梨花(★新キャスト)

 

キャストのラインナップ以前の話になってしまいますが、2019年公演まで出演していた昆夏美さんがいなくなってしまったことが残念でした。

ファンテーヌという雰囲気でもないし、昆さんはもうレミゼに出演する機会がないのかな…と思うとかなり寂しいです。

 

唯月ふうかさんはハイトーンな歌声はもちろんのこと、俊敏すぎる小回りの利く動作が魅力的です。優雅な動きの多いコゼットと対照的な存在であることを全身を使って表現するようなお芝居に惹かれました。

屋比久さんは2019年の初登場時のキャスト発表会での歌唱披露が少し役のイメージと離れていたこともあり最初はあまり良い印象がありませんでしたが、公演を重ねるごとにエポニーヌらしさが溢れていきました。

 

そして、やはり少し驚きがあったのは生田絵梨花さんの起用です。2017年公演からコゼットとして参加していましたが、今回からエポニーヌにチェンジ。

ちなみに生田さん同様にコゼットからエポニーヌへと変わっていった前例は知念里奈さんだけかな?おそらく。

 

個人的には、正直うーん…という感じ。生田さんが持つ抜群の品とお嬢様らしい雰囲気はコゼットには最高にマッチしていると思いますが、エポニーヌに合うでしょうか?

特に「On My Own」においては、エポニーヌの体が張り裂けてしまいそうになるほど歌声で、彼女の胸のうちに秘めた想いを爆発させるような歌い方をする必要があります。

 

『モーツァルト!』で悪妻コンスタンツェを演じたときも、滲み出てしまう気品がどうしても邪魔をしているように感じてしまいました。

エポニーヌは攻撃力の高い歌唱ができるド根性娘系の役者さんにやってもらいたいなぁと思ってしまいます。メディア向けの宣伝面においての攻撃力だけは抜群だと思いますが。

 

マリウス

2021年キャスト

・内藤大希(2017~)
・三浦宏規(2019~)
・竹内將人(★新キャスト)

 

2021年公演はレミゼラブル完全新キャストの竹内將人(たけうちまさと)さんが登壇します。2021年公演時点では26歳になる若手役者です。

劇団四季でヤングシンバ役→東京藝大→英国王立音楽院ミュージカル科卒業、なんという華々しい経歴でしょうか。

 

 

実は2015年開催の公式のどじまん大会に出場しており、「Stars」を歌唱しています。

当時20歳でこの歌唱、このオーラ、このルックス。す、すごい・・・。

 

 

2021年公演において筆者が最も期待しているキャストです。ダークホースになること間違いなし。いやそれどころか日本のミュージカル界を背負うスターの一人になる予感がします。

 

三浦宏規さんと内藤大希さんは続投です。

三浦さんは2019年公演にて19歳のマリウス最年少キャストとして話題になりました。歌唱面についてはちょっとアレッと思ってしまうところもありましたが、気品のある美しい役者さんです。

マリウスはお金持ちの息子であることをあまり大々的にせずに活躍するので一見するとその事実を忘れてしまいそうになりますが、三浦さんのマリウスは終始一貫してお坊ちゃんらしさがあります。

 

内藤さんは、ごめんなさい筆者は内藤さんマリウスにはあまり印象がないです。

年齢的にも出演回数的にもおそらく今年で最後になる可能性が高いので、1回くらいは観ておきたい。

 

 

コゼット

2021年キャスト

・熊谷彩春(2019~)
・加藤梨里香(★新キャスト)
・敷村珠夕(★新キャスト)

 

コゼットはかなり一新されました。2回目の出演となる熊谷さんと、新キャストの加藤梨里香さん、敷村珠夕(しきむらみゆ)さん。全員20代前半です。若い!

加藤さんは大劇場での舞台は「怪人と探偵」「サンセット大通り」などアンサンブルでの主演が多かったので、なかなかの抜擢ではないでしょうか。

 

「コゼットはこの人で観たい!」っていうキャストは現時点ではいないかなあ。コゼットって出番自体あまりないし歌唱も少ないので、どうしても印象に残りづらいんですよね。

 

アンジョルラス

2021年キャスト

・相葉裕樹(2017年~)
・小野田龍之介(2019年~)
・木内健人(★新キャスト)

 

続投組の相葉さん、小野田さん、そしてレミゼ完全新キャストの木内健人(きのうちけんと)さんです。

 

やはり新キャストの木内さんが気になります。

木内さん自体は何度も大劇場の大型舞台に出演されているので何度か拝見したことはありますが、まさかアンジョルラスになるとは。

歌もお芝居も上手い隠れ実力派なので、アンジョルラスとしての期待大です。絶対に1度は観ておきたい。

 

 

余談ですが2018年に出演されていた『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で、アンサンブルとして出演されていた木内さんの「むかつくぜ、あの女!何様のつもり」という一節が未だに頭から離れません。

やたら歌うまい目立つアンサンブルいるな…と思ったことを覚えています。

 

続投組は相葉裕樹さんと小野田龍之介さん。このお二人も安定感抜群です。

二人とも革命に命を燃やす学生たちを先導する立ち位置として、タイプの違うカリスマ性を持っています。

相葉さんのクールで美しい革命家か、小野田さんの情熱的で柔らかなリーダーか、どちらも魅力満載です。

 

テナルディエ

2021年キャスト

・駒田 一(2003~)
・橋本じゅん(2017~)
・斎藤 司(2019~)
・六角精児(★新キャスト)

 

続投組の駒田 一さん、橋本じゅんさん、斎藤 司さんに続き、レミゼ完全新キャストの六角精児さん。

もしかしてテナルディエってネタ枠と化してきてませんか?前回の斎藤さんや今回の六角さんのように、キャスト内にこの手の起用があるだけで各種メディアでの目立ち方や扱われ方が変わってくるんでしょうね。

 

新キャストの六角精児さんはもはや知らない人のほうが珍しいほど有名な個性派俳優さん。

一見すると突拍子もないキャスティングですが、六角さん自体はベテラン役者さんなので斎藤さん起用時ほどの衝撃はないです。どのようなテナルディエになるのか少し楽しみ。

 

安定感を求めるのであれば駒田さん一択かなと思いますが、筆者は斎藤さんのテナルディエが結構好きです。いや、かなり好みです。

理由は別記事に書いているので、よろしければ是非!

 

テナルディエ夫人

2021年キャスト

・森 公美子(1997~)
・谷口ゆうな(2013~)
・樹里咲穂(★新キャスト)

 

続投組の森公美子さん、谷口ゆうなさんに続き、レミゼ完全新キャストの樹里咲穂さん。

注目はやはり新キャストの樹里さんです。樹里さんのような超ベテラン役者がレミゼ初参加というのは、ミュージカルファンとしてはとにかく嬉しい!ワクワクします。

まさに冒頭に書いたレミゼ色の付いていない実力派です。

 


前回2019年に新キャストとして登壇した朴璐美さんのような、ちょっとセクシーな雰囲気のあるマダム・テナルディエになるのではないかなと期待しています。

樹里さんの声でテナルディエ夫人の金切り声を出したら、とんでもないことになりそう。

 

森公美子さんは1997年から出演されているだけあって、もう重鎮中の重鎮キャストですよね。

モリクミさんのマダム・テナルディエが舞台に出てくると、何度も観ているのに毎回「で、デカい…」と唸ってしまいます。

 

この組み合わせで観たい!最強キャスト

1回だけ好きなキャストの組み合わせを自由につくっていいよ!ともし言われたら、こんな感じ。

勝手に最強キャスト

バルジャン:吉原光夫
ジャベール:川口竜也
ファンテーヌ:和音美桜
エポニーヌ:唯月ふうか
コゼット:熊谷彩春
マリウス:竹内將人
アンジョルラス:小野田龍之介
テナルディエ:斎藤 司
テナルディエ夫人:森 公美子

 

筆者と全員同じキャストだった方。仲良くしましょう。

全員違うキャストだった方。もしかしたらこのブログと相性が悪いかもしれません。(嘘です)

 

この組み合わせの日が実際に存在すればいいのですが、観たい組み合わせに限ってないものです。レミゼあるある。

もちろんまだ2021年公演は始まっていないので、実際に観たあとにどのように変わるか楽しみです。

 

全国ツアーも開催

2021年公演も全国ツアーが開催されます。福岡、大阪、松本をめぐる予定。今年は愛知県の御園座には行かないようです。

 

筆者としては前回と同じく札幌公演をぜひ実現してほしかったなぁ。

エンタメがなかなか根付かない北海道に素晴らしい大劇場ができ、道内でミュージカルを楽しむ人も増えていくはずです。

 

2019年公演・札幌大千秋楽にてロビーに展示されたキャストサイン入りポスター

 

2019年公演は札幌が大千秋楽の地であり、バルジャン役の福井さんの故郷でもありました。大千秋楽のカーテンコールで涙ぐみながらお話されていた福井さんの姿が目に焼き付いています。

 

逃れたい早く、コロナの世界

そしてやはり気になるのは2021年にコロナ騒動はどうなっているのか?という問題です。

2020年8月現在同様にひと席飛ばしの半分の客入りで継続しているのか、はたまたさらに流行して劇場閉鎖の危機にあるのか。以前のような状態に戻っていれば最高ですが、やはりまだ難しいかと予測します。

近年ミュージカル人気が高まっていることもあり、チケットは入手困難になるでしょうね。

 

「逃れたい早く、ジャン・バルジャンの世界」ならぬコロナの世界から早く抜け出したいですね。

 

最近よく読まれている記事

1

    2020年『フランケンシュタイン』もついに東京公演が終わってしまいました。2月から名古屋・大阪公演、そして9月にはDVDが発売されますので、まだまだフランケンシュタインは続 ...

2

  2020年2月日生劇場公演   『天保十二年てんぽうじゅうにねんのシェイクスピア』を観てきました。観劇レポです。決定的なネタバレはありませんのでご安心を。 というより本記事は後 ...

3

  岡幸二郎さん曰く「明治座さんの本気を感じるキャスティング」   2020年4月上演のミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』の全キャストが発表になりました!わーい! &nbsp ...

-レミゼラブル

Copyright© ミュージカル主義! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.