観劇ハウツー

ミュージカルのチケットを安く買おう │ 観劇にオススメの会員制優待サイト比較

2020年1月28日

 

定価で買うのはもはや最終手段

 

ミュージカルのチケットは一般プレイガイドで購入できますが、プレイガイドの販売価格はあくまで定価です。

ミュージカルのチケットの定価ってどれくらい?と言いますと、高い席は15,000円!安い席でも4,000円くらい。

 

しかし、ミュージカルのチケットを定価よりも安く購入する手段は山ほどあるのです。

本記事ではその手段の1つである会員制優待サイトを紹介します。

 

会員制優待サイトとは

月額費用を支払うことで会員限定の優待を受けられるというサービスのことです。

”優待”と聞くと株を保有している株主が利用するもの、というイメージがあるかもしれませんが、最近は月額さえ払えば誰でも利用できる優待サイトが増えています。

 

優待って具体的に何よ?という方向けに説明すると、レジャー施設・飲食店・旅館・物販・・・などなどなど様々な料金を割引してくれるサービスです。筆者の周りでは知らない人は全く知らないけど、知っている人はありとあらゆる場所で使い倒してお得な毎日を過ごしている!そんなイメージですね。

 

HARI
この会員制優待サイトにはミュージカルのチケットの割引優待もあるのです

 

ミュージカルの優待といえば、一般的にはカード会社枠の優待を思い浮かべる人が多いかと思います。しかし、これから紹介する4つの優待サイトはまだそこまで知名度は高くないかな?という印象です。この機会にぜひ活用してみてほしい!

 

ミュージカルのチケットの優待があるサイト

ミュージカルのチケットの優待販売があるサイトを4つご紹介します。優待サイトには共通点がありますので、前提として頭に入れておいてください。

前提

● どの優待サイトも月額制
● どの優待サイトも公演ラインナップは同じ
● チケットの購入・予約開始日も同じ
● ミュージカル以外の優待内容もほぼ同じ

 

dエンジョイパス

dポイントを貯めている人にはこちらをオススメ

 

月額費用 550円
無料期間 初回31日間無料
支払い方法 クレジットカード、ドコモ払い
運営会社 株式会社NTTドコモ
公式サイト 【dエンジョイパス】

 

ドコモが提供する会員制優待サイトです。月額費用は少々お高いですが、その他の優待サイトより高値で紹介されている場合は、dポイントが差額分として補填されます。dポイントを貯めたい人にはオススメします。

また、dエンジョイパスには専用コールセンターがあります。何か起きてしまったときはメールではなく電話で解決したい派の人はdエンジョイパスでOK

 

デイリーPlusプラス

 

月額費用 550円
無料期間 初月無料
※Yahoo!プレミアム会員なら2か月無料
支払い方法 Yahoo!ウォレットに登録した支払方法
運営会社 ヤフー株式会社
公式サイト デイリーPlus

 

Yahoo!の会員であることが入会の前提となります。Yahoo!JAPANのIDがない人は、まず作成する必要があります。

えー、めんどくさ。月額高いし。と思うかもしれませんが、Yahoo!プレミアム会員であれば2か月間は無料で利用できます。プレミアム会員ならデイリーPlusでまず2か月お試し利用してみるのもいいかもしれません。

 

みんなの優待

 

月額費用 490円
無料期間 初月無料
支払い方法 クレジットカード
運営会社 gooddo株式会社
公式サイト みんなの優待

 

ぶっちゃけこれといった優秀な点はないのですが、他の優待サイトと比較して運営歴が長いことが利点です。実績がないと不安という人にはオススメできます。

 

 

駅探えきたんバリューDays

webサイトイメージ

 

月額費用 330円
無料期間 ドコモ払いのみ初月無料
支払い方法 クレジットカード
楽天ペイ
ドコモ払い
auかんたん決済
au WALLET
UQ mobile
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバルまとめて支払い
運営会社 株式会社駅探
公式サイト 駅探バリューDays

 

この駅探バリューDaysがコスパ最強です。月額は最安値・支払方法最多種と、他のサイトと比較してデメリットがほぼ見当たりません。

 

 

結局どれがベストなのか

前提のおさらい

● どの優待サイトも月額制
● どの優待サイトも公演ラインナップは同じ
● チケットの購入・予約開始日も同じ
● ミュージカル以外の優待内容もほぼ同じ

 

つまり、ミュージカルのチケットを安く手に入れたい目的で優待会員になるなら、違いは月額費用と支払い方法のみとなります。

支払い方法にこだわりがないなら最も安い駅探バリューDays一択。

 

駅探バリューDaysはドコモ払いのみ初月無料となりますが、初月無料なしでもその他のサイトよりもトータル年間費用が安くなります。

駅探バリューDays公式サイトはコチラ

 

エポスカード優待と割引率を比較してみた

2020年上演の作品で、エポスカードの優待と駅探バリューDaysの割引率を比較してみました。ミュージカルのファンでエポスカード優待を知らない人は絶滅危惧種なみにレアかと思うので、説明は割愛します。

 

公演名 定価 エポスカード優待 駅探バリューDays優待
『モダン・ミリー』 11,500円 10,500円 9,660円
『アナスタシア』 13,500円 13,500円 10,800円
『ウエストサイド season3』 15,000円 13,900円 14,000円
『エリザベート』 14,000円 14,000円 14,000円

※非会員でも優待価格を参照できる公演のみを記載
※2020年1月末現在の価格です

 

ざっと見ておわかりの通り、駅探バリューDaysのほうがエポスカード優待よりも安く買える公演も数多くあります。

絶対的にどちらのほうが安い!とは言えないので、公演ごとに見比べて安いほうで購入するのが一番賢い。

 

ちなみにエリザベートはどちらも割引なしの定価価格。割引なんぞせんでも売り切れるわ!ということでしょうか。強気!

 

ただし、肌感覚的には保有している枚数はエポスカードのほうが多いかな?まぁこればっかりは公式的な枚数明示がされていないのでわからないけれども。

 

どのサイトも提供サービス内容が同じ理由

優待サイトはそれぞれ別サイトなのになぜ公演ラインナップが全て同じなのかと言いますと、理由は各優待サイトに優待を提供している企業が同じだからです。

 

ベネフィット・ワン社が提供する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」

 

全国の大手企業の福利厚生や優待を提供しているベネフィット・ワンという企業が各優待サイトの裏にいるというわけです。ざっくり言うと、大本おおもとのサービス提供元が一緒ということですね。

 

弾のひとつとして登録しておくことをオススメ

ぶっちゃけた話、優待サイトで確保されているチケット枚数はそこまで多くはない感覚です。つまり、チケット激戦ミュージカルでは優待サイトでも確保できない可能性が高いということ。

しかし、チケット戦争で勝ち抜くための弾のひとつとして用意しておいて損はないと思います。

 

ハッキリ言って、普通のプレイガイドで良席の確保なんてほぼ不可能です。ミュージカル人気が爆上げしている近年では、ファンクラブ、カード会社枠、おけぴ枠・・・などなど様々な方法を駆使してチケットをなんとか確保している現状があります。

アレで落選したなら、次はコレ・・・コレも駄目なら、次はソレ・・・と、弾を変えて挑むわけです。当然、弾が多ければ多いほど良いですよね。

 

単純に節約としてかなり便利

1,000円割引を10回使えばA席1回分は実質無料だ!!!

 

ミュージカルのチケット目的で会員登録するものよいですが、ミュージカル以外の優待も大量に使えるので単純に節約として超便利です。

本気で使い倒せば、たぶん1か月でA席1枚分くらいは浮くんじゃないな?

 

HARI
チケット確保以外の用途にもオススメです!

 

最近よく読まれている記事

1

    2020年『フランケンシュタイン』もついに東京公演が終わってしまいました。2月から名古屋・大阪公演、そして9月にはDVDが発売されますので、まだまだフランケンシュタインは続 ...

2

  2020年2月日生劇場公演   『天保十二年てんぽうじゅうにねんのシェイクスピア』を観てきました。観劇レポです。決定的なネタバレはありませんのでご安心を。 というより本記事は後 ...

3

  岡幸二郎さん曰く「明治座さんの本気を感じるキャスティング」   2020年4月上演のミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』の全キャストが発表になりました!わーい! &nbsp ...

-観劇ハウツー

Copyright© ミュージカル主義! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.